日本ハム新庄監督が奇策連発でオリ山本を翻弄 それでも「目先の1勝より今後の成長」の真意

公開日: 更新日:

 日本ハム新庄剛志監督(50)が奇策の連発で球界のエースを翻弄した。

 昨26日のオリックス戦、相手の先発はここまで3勝1敗、防御率0.90を誇る山本由伸。少ないチャンスを生かすべく、積極的に動いた。

 四回、先頭の近藤からの3連打で1点を先制し、なおも無死一、三塁の場面で、一走の石井がスチール。捕手が二塁へ送球すると、すかさず三走の松本剛が本塁を陥れ、ダブルスチールで2点目を奪った。指揮官はこの試合、エンドランもドンドン仕掛けるなど、足で山本を揺さぶった。

 試合には敗れたものの、山本相手に勝利への執念を見せたように映るが、球団OBは「もちろん、それで勝てるに越したことはないですが……」と、こう続ける。

「新庄監督はかねてエンドランを多用し、今回は重盗も決めた。ただ、その根底には『迷いなく走ってほしい』『カウント3-0でも思い切ってバットを振ってほしい』との思いがある。そうすることで選手が一皮むけると考えているからです。チーム内では『いくら優勝は目指しません、と言っても、シーズンが始まったら勝ちたいという欲が出てくるだろう』との見方もあった。でも、中心選手の近藤でさえ打順を固定せず、選手の能力の見極め、底上げに徹している。チームは開幕3連敗を喫するなど、8勝17敗と低調ですが、新庄監督は試合の勝ち負けに関わらず、ベンチ裏では選手やスタッフには慌てたり、悩んだりするような素振りを一切見せないそうです。いい意味で腰を据えて野球ができているといいます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に