畑岡奈紗が米ツアー6勝目でメジャー射程も…ヒタヒタと忍び寄る渋野日向子の足音

公開日: 更新日:

「今年こそは……」と思っているに違いない。

 米女子ツアー「DIOインプラントLAオープン」で、畑岡奈紗(23)が2位に5打差をつける通算15アンダーで米ツアー6勝目(日米通算11勝目)を挙げた。

 畑岡は2016年10月にプロ転向を宣言した際、「2年以内に米女子ツアーで優勝」と「東京五輪の金メダル」を狙うと言った。2年以内のツアー優勝は、18年の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で達成。昨年の東京五輪は稲見萌寧(22)が銀メダルを獲得し、自身は9位に終わった。

 もうひとつ果たせなかった目標が「5年以内のメジャー優勝」だ。こちらは19年全英で海外初参戦の渋野日向子(23)に先を越され、“ラストイヤー”となった昨年の全米女子オープンでは、笹生優花(20)とのプレーオフで惜敗した。

渋野日向子は同年齢だけに…

 畑岡のメジャー成績を見ると、渋野が上位にきた時はなぜかパッとしない。渋野が勝った19年全英は予選落ち。渋野が最終日に1打差の単独首位から出て4位に終わった20年全米女子オープンは23位。渋野が最終日に66と爆発して4位まで浮上した今年のシェブロン選手権は17位だった。

 国内のツアー関係者が言う。

「畑岡にとって日本勢のメジャー成績が気にならないといえば嘘でしょう。同年齢の渋野はとくに意識するはず。渋野は成績に大きな波があるものの、バーディーを量産できる爆発力がある。スイング改造の不安が消えて、今季は飛距離も戻ってきて、フェアウエーの傾斜や風によっては300ヤード以上は飛ぶ。アプローチにやや課題は残すが、今季6試合でトップ10入りは3度。今年のメジャーはあと4試合。パットが入れば上位にくるだけの力は十分にある」

 ぐずぐずしていると、畑岡はツアーの後輩に2つ目のタイトルを持っていかれるかもしれない。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット