髙橋彩華が念願のツアー初優勝も…「川奈でプロ初Vは大成せず」の不吉なジンクス

公開日: 更新日:

【フジサンケイレディス】最終日

 第40回の記念大会を制したのは高橋彩華(23)。初日から首位を守り通算12アンダーでツアー初優勝を手にした。

 会場は2005年から川奈ホテルGC富士Cに定着。この地でツアー初Vを遂げたのは高橋が9人目だが、過去8人のうちで花開いたといえるのは、07年覇者でツアー7勝の佐伯三貴(37)ぐらい。08年優勝の上原彩子(38)と12年に勝った大江香織(32)は3勝したものの、米女子ツアーと掛け持ちの上原は力の衰えが顕著で、大江は19年でツアーを撤退している。

 09年優勝のT・ダーディンは、はや45歳。11年と15年に優勝ブレザーを着た金田久美子(32)と藤田光里(27)の2人は2勝目を挙げられず、今季もシード外選手。14年Vのフェービー・ヤオ(29)は2勝しているが今はシード落ち。18年にプレーオフを制した永峰咲希(26)も2年前に2勝目を挙げてから足踏み状態だ。

 ツアー関係者が言う。

「近年は用具が進化し、小柄な女子プロでも飛距離は出るし、高弾道のユーティリティーでグリーンを狙える。さらに、川奈は国内ツアーでは珍しい芝目が強い高麗グリーン。強い海風さえ吹かなければ難コースとはいえず、たまたまタッチが合ってパットが入ればビッグスコアが出る。今回、QTランク9位で出場の木下彩(23)は2日目にコースレコードタイの63を出したし、3位の後藤未有(21)は昨年、プロテストに合格したばかり。後藤は3日間でボギーは3つしかなかった」

 優勝した高橋は最終日、最終組がこの日で10度目。昨季は50試合でトップ10が21度もあり、いつ勝ってもおかしくない選手だったが、川奈での初優勝をきっかけに大きく羽ばたけない先輩が多いことは覚えておくべきだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声