権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

完全でもノーノーでも途中降板…味気ないかもしれないが、悪いことではない

公開日: 更新日:

 当然のことながら、賛否があった。

 17日の日本ハム戦で8回をパーフェクトに抑えていた佐々木朗希(20)を交代させた、ロッテ・井口資仁監督の決断である。2試合連続完全試合というとんでもない大快挙を目前としていただけに、「見たかった」「惜しい」というファンの気持ちは理解できる。

【写真】この記事の関連写真を見る(19枚)

 私は井口監督の判断に大賛成。素晴らしい、と拍手を送りたい。類いまれなる才能を持った佐々木朗希を、ロッテと首脳陣はここまで、大事に大事に育ててきた。2020年の1年目は、一軍はおろか、二軍での公式戦登板も見合わせた。2年目の昨季は一軍で11試合、ポストシーズン1試合の登板にとどめ、3年目の今季の開幕ローテーション入りに備えた。それでも約100球の球数制限付き。そんな慎重に慎重を重ねている育成計画を、記録のためにフイにするわけにはいかない。あの試合、佐々木朗の球数は102球に達し、結果的に降板することになった八回はファウルが増え16球を要した。それまで空振りを奪えていたボールがバットに当てられるようになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 2
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  5. 5
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  1. 6
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

  2. 7
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  3. 8
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  4. 9
    岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

    岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

  5. 10
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き