松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

佐々木朗希快投の直後…失意のロッテファンに響いた新庄監督の「あの禁止令」

公開日: 更新日:

 並ぶ並ぶスポーツニュース佐々木朗希尽くし。

「佐々木朗希、史上初2戦連続完全試合まであと3人で降板」

「佐々木朗希降板も8回パーフェクト14K102球」

「佐々木朗希、疲れもあり首脳陣の判断に納得して降りました」

「佐々木朗希、偉業目前で交代させた理由は記録よりも先々を考えて」

あの時点での交代は良かったのかネット騒然」

 佐々木朗希の話題を絞りつくして出がらしとなって、それでもお湯の中でフリフリフリフリ最後の一杯、無色透明なティーバッグの最後のひとしずくにようやく見つけた話題。

 投げ合った日ハムの上沢直之投手のツイッターに心ない敵ファン投稿「空気を読んでください」。上沢は「僕にも応援してくれるファンがいます」と返して、謝ってきた敵ファンに「僕たちのプレーで悔しいと本気で思ってくれるのは嬉しいことです」と神対応を見せた。

 上沢よ。オジサンは目が潤んだぞ。佐々木朗希と投げ合いつつ、内心「オレはあの大谷翔平にキャンプ用具の掃除を教えてやった先輩だぞ。なめんなよ」と思え、気合じゃ! と贔屓として応援しておった。8回で佐々木降板も(どっかホッとしつつ)、ヒット曲を小出しにして毎週うまい汁を吸い続ける寸止め商法かい、日曜午後のお楽しみ、「ロッテ歌のアルバム」だぁ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽