日ハムは奇襲の「セーフティーバント」ゼロ…佐々木朗希に真っ向勝負で勝利も拍子抜け

公開日: 更新日:

 新庄監督(50)に拍子抜けした向きも多いのではないか。

 というのも先日、報道陣から佐々木朗希の対処法を問われると、「誰もビビってないよ。楽しみでしかない」とした上で、「全員にセーフティー(バント)させます」と、なんらかの奇襲を仕掛けることをほのめかしていたからだ。

 キャンプ中の練習試合では阪神の藤浪に対し、先頭から3者連続でセーフティーバント。開幕投手にドラフト8位ルーキーの北山を指名したり、打順やスタメンをとっかえひっかえしながら、時にはテレビ中継の解説者や評論家が首をひねるような“新庄流”で野球をやってきた。その根底には、選手の育成に加え、就任以降もたびたび口にする「日本ハムから新しい野球を広げたい」という思いがあるからだろう。

 しかし、いざフタを開けると、この日は「新庄流」の采配は見られず。事前に言っていた「セーフティーバント」にしても、1打席を通して試みる選手はひとりもいなかった。結果として試合には勝ったものの、佐々木朗希との勝負に関していえば、安打はおろか四球すら選べずに完敗だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽