「火の玉ストレート」連発! 日本ハム吉田輝星の進化に「でんでん太鼓」投法

公開日: 更新日:

 日本ハムの新庄監督(50)は先日、「先発は中4ローテでいく」と公言した。

 先発の登板間隔が短くなれば、球数やイニング数は減る。中継ぎの役割が重要になってくるわけだが、リリーフとして輝きを取り戻しつつあるのがプロ4年目の吉田輝星(21)だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(33枚)

 ソフトバンクとの開幕3戦目で先発したが、以降は中継ぎとして登板。4試合計6回を無失点に抑え、被安打はたったの1本。150キロ近い速球で空振りを取る場面も増え、4三振を奪っている。昨季までの3年間で通算1勝止まりだったかつての甲子園のスターが本格化の兆しを見せている。

「昨季まではオドオドした様子でマウンドに立っていましたが、今季は思い切りよく腕を振れている」とは、球団OB。

「キャンプで吉田は体が開かないように『でんでん太鼓』をイメージした投球フォームを模索していた。でんでん太鼓は、中心にある太鼓を回すとひもが振られる。体の軸をぶらさず、下半身主導で投げる。体の回転を生かし、リリースの瞬間に力を集中させる。そうすることで、『見た目より速い球を投げられるし、キレも出る。思ったよりも疲れないから長いイニングも投げられると思う』と言うのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至