阪神ハイタッチ練習不発で史上最悪17戦15敗…矢野監督にのしかかる“予祝”と“心労”の葛藤

公開日: 更新日:

「『止まない雨はない』というけど、止んでもまた雨が降る」

 かつて、引き分けを挟んで10連敗以上の大型連敗を喫したチームの監督がこう漏らしていた。

 矢野監督も同じ心境ではないか。昨14日の中日戦に敗れ、開幕から1勝15敗1分。5日のDeNA戦で唯一となる白星を挙げ、8日の広島戦で引き分け。9連敗のち、引き分けを挟んで6連敗。一瞬、雨は止んでも、すぐさま暗雲が立ち込める。

 矢野監督はすでに今季限りでの退任を発表している。先日、藤原オーナーは途中辞任を否定したが、選手、コーチ、スタッフは矢野監督がいつギブアップするのかと、不安な気持ちを抱いているはずだ。

 ある阪神OBは「矢野監督は簡単に途中で辞めると言わないと思います」と、こう話す。

「矢野監督はミーティングで選手に対し、病気に対して前向きに生きる人の映像を用い、『野球をやれる幸せを噛みしめよう』と訴えたこともある。予祝として、シーズン前に『優勝しました』と断言し、キャンプでは選手から胴上げされた。試合中止になった7日には、自己啓発本などを出版している実業家、講演家が甲子園でメンタルについて講演。試合前には勝利のハイタッチの練習をやっている。いくら勝てないからといって、シーズン途中で投げ出したら、格好がつきませんから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に