スペイン心臓部に起用!“イニエスタの後継者”19歳ペドリと17歳ガビの実力

公開日: 更新日:

スペイン(3)キーマン

 歴代のスペイン代表の心臓部と言えるのが、基本布陣「4DF-3MF-3FW」の真ん中「3MF」でプレーする選手だ。逆三角形「▽」の左右の角には「攻守に動き回るMF」が、下の角は「主に守備担当のMF」が入る。このキモとなるポジションに10代の若手が起用され、カタールW杯で上位進出を狙う。

 カナリア諸島生まれのMFペドリは15歳でレアル・マドリードの入団テストを受けたが、スカウトの目には留まらず、地元クラブでプレーを続けた。16歳でバルセロナとプロ契約を交わして2020年8月、17歳でスペイン1部デビュー。欧州CLでも注目を集めた。

 21年は東京五輪、欧州選手権にも出場。フル稼働がたたって同年11月から今年1月まで長期離脱したが、現在はコンディションも復調。3月下旬のスペイン代表の親善試合で初めて「背番号10」を背負ってプレーした。

「19歳のペドリとともに注目されているのが、同じバルセロナの中盤でプレーし、21年10月の欧州ネーションズリーグの準決勝・イタリア代表戦にスペイン史上最年少の17歳と62日で代表デビューしたMFガビです。2人ともテクニカルなドリブルとパスでチャンスを創出するタイプ。厳しいフィジカルコンタクトをいとわず、アグレッシブさもある。現神戸MFイニエスタの後継者として名前が挙がっている」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至