阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

自主トレをセッティングしてくれたのは仰木新監督 そこにはある「意思」があったのかも

公開日: 更新日:

 1試合でも引き分ければ、その時点で西武のリーグ4連覇が決まる。近鉄が優勝するためには2連勝しかない。1988年10月19日。川崎球場で行われたダブルヘッダー第1試合は午後3時にスタート、序盤から激しく動いた。

 近鉄は初回、先発の小野和義がロッテの愛甲猛さんに先制2ランを浴びてしまう。打線は五回2死まで無安打、ひとりの走者も出せないでいた。そして五回、2死から鈴木貴久さんのソロで1点差に迫ったころだったと思う。私はジャンパーを羽織ったまま、三塁側のブルペンに向かった。だれに指示をされたわけでもない。リリーフで投げる可能性のある投手は、みな、それくらいのタイミングで準備を始めた。

 先発の小野は15日の南海戦から中3日でマウンドに上がっていた。2日前の阪急戦で128球を投げた自分も、リリーフの機会があれば投げるつもりでいた。権藤博投手コーチには「そのときがくれば無理をしてもらうかもしれない」と言われていたし、何より自分はその年の開幕投手を務めていた。仰木彬監督が「アンタに任せる」と言ったのは開幕に限らない。そこには先頭に立って投手陣を引っ張ってもらいたいという期待が込められていると思った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に