山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神はまだまだわからない…と強がりを言いたい 14戦12敗も伊藤、ガンケルに光明

公開日: 更新日:

 開幕14試合を終えて1勝12敗1分け。暗黒時代と呼ばれた1990年代のダメ虎でも、ここまでひどいスタートはなかったように思う。敗戦続きという意味では仲間であった新庄日本ハムでも3勝11敗。矢野ラストイヤー阪神はいったいどうなってしまったのか。

 ただし、試合内容を見ていると、このところは少し希望が見えてきたように思う。惜しかったのは6日のDeNA戦。先発した2年目の伊藤将司が九回2死まで無失点に抑え、1-0でリードしていたものの、あと1人のところで同点打を浴びたうえ、延長十二回で逆転負けを喫した試合だ。

 あの試合、もし伊藤が最後を抑えていれば西勇輝に続いて2試合連続完封勝利となり、チームは勢いづいただろうが、開幕戦の7点差逆転負けといい、今季は本当に星回りが悪い。10日の広島戦でも先発のガンケルが7回1失点と好投したにもかかわらず、打線が0点に抑えられて敗れてしまった。打てない阪神は今季も健在のようだ。

 しかし、伊藤とガンケルがどちらも好投したことは光明だろう。2人とも昨季初めて一軍で大きな実績を残した投手であるため、今季は非常に重要な意味をもつ。特に伊藤はルーキーで2桁勝利を挙げた、その翌年になるわけだから、ここでいわゆる2年目のジンクスにはまり、そのまま二度と復調することなく一発屋として消えていった投手は数え切れない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す