勝てない日ハムは本拠地も閑古鳥…朗希と誠也に話題さらわれ“新庄フィーバー”も下火に

公開日: 更新日:

 本拠地・札幌ドームで劇的サヨナラ勝利を収めたものの、メディアの扱いはいまひとつだった。

 10日の楽天戦。日本ハムは2-2で迎えた延長十回、主砲の近藤が1死二塁で適時二塁打を放ち、今季3勝目をつかんだ。勝利投手はこの日が誕生日のドラフト8位ルーキー北山だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(33枚)

 話題性は十二分も、同日にロッテ・佐々木朗希(20)がオリックスを相手に史上16人目かつ最年少で完全試合を達成。おまけに13連続奪三振という日米含めた新記録を打ち立てたことで、球界の話題を根こそぎ持っていかれた。

「目先の1勝より、今後の成長」と言う新庄剛志監督(50)の方針が影響しているのかどうか、本拠地での観客動員数は芳しくない。札幌ドームは観客上限目安を2万人に設定しているとはいえ、9、10日は土日のデーゲームにもかかわらず、観客は9日は1万3994人で、10日も1万2141人。平日のナイター(6試合)はすでに3度も1万人を下回っている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に