阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

「伝説の10.19」2日前に完投負けで崖っぷち…重いムードを吹き飛ばした缶ビールと球団歌

公開日: 更新日:

 オレンジ色の西日が近鉄の三塁側ベンチに差し込んでいる。スタンドは超満員。球場に入れないファンが右中間後方のビルの屋上や階段に鈴なりになって、グラウンドを見つめている。父親や友人も試合を見に来ていたらしいが、いつもならスタンドを見渡せば確認できたのに、この日に限っては、だれがどこで見ていたのかもまったく分からなかった。

 1988年10月19日──。川崎球場で行われたロッテ対近鉄のダブルヘッダー、のちに「伝説の10.19」と呼ばれるようになった試合は、開始前から騒然としていた。近鉄が2連勝すれば、リーグ優勝。引き分けか負けた時点で西武のリーグ4連覇が決まる。近鉄にとって連勝が絶対条件の中、試合は始まった──。


残り3試合全勝がリーグVの絶対条件に

 近鉄は10月7日から19日までの13日間で、移動日なしの15連戦。その間にダブルヘッダーが2試合組み込まれていた。異常気象で夏場に雨天中止の試合が相次ぎ、そのツケがシーズン終盤に回ってきたのだ。

 藤井寺球場でロッテとダブルヘッダーを行った翌日、川崎に移動して再びロッテとのナイターというケースも。とにかくハードなスケジュールだった。この15連戦が決まったとき、近鉄がもしかしたら優勝できるかもしれない、西武をここまで追い詰めると予想した人はおそらく少なかったと思う。

 そして10月17日。私は西宮球場の阪急戦に先発、128球を投げて1-2で完投負け。全日程を終了した首位の西武を勝率で抜くためには残り3試合、すべて勝つことが条件になった。

 阪急戦のナイター終了後。私たちはバスで京都へ向かった。翌日は川崎球場のロッテ戦。通常なら各自、自宅に戻って翌朝、早く起きて新大阪に向かい、そこから新幹線で東京へ。ホテルにチェックインしてユニホームに着替えてから球場入りする。けれども、過密日程の、しかも最後にダブルヘッダーを控えているだけに、球団が移動の負担を軽減してくれた。京都に移動して駅前のホテルで1泊、翌日ギリギリまでゆっくりして新幹線に乗り、そのまま川崎球場へ向かったのだ。

 とはいえ、優勝には3連勝が絶対条件。西宮球場から京都へ向かうバスの雰囲気は暗く、絶望感すら漂っていた。頑張ってここまで来たけど、さすがにもう……終わっちゃったかな……みながしんみりしているところに突然、前からキンキンに冷えた缶ビールが回ってきた。ちょっとしたつまみまで。一番前に座っていた仰木彬監督の配慮だった。

 個々にビールを飲み始めると、マイクが回ってきて、だれか、なんかやれというムードに。だれが歌い始めたか、そのうち、球団歌の合唱に。暗い気持ちが少しずつ和らぎ、京都のホテルに着くころにはすっかりイケイケムード、いつものチームの雰囲気になった。

 18日、近鉄はロッテに12-2と大勝。前夜の阪急戦の敗戦を引きずることなく、19日のダブルヘッダーを迎えた。(つづく) 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い