西郷真央は3週連続V逃すも2位Tで“最強女子”の面目躍如 師匠ジャンボ尾崎も納得の最終日

公開日: 更新日:

【富士フイルム・スタジオアリス女子オープン】最終日

 国内史上3人目、最年少での3週連続Vがかかっていた西郷真央(20)は、優勝した上田桃子(35)に3打差の2位タイに終わった。

 初日は1アンダー27位タイと出遅れ、2日目は2アンダーで13位タイまで順位を上げた。最終日は首位の鈴木愛(27)に5打差の通算3アンダーからの発進。優勝には厳しい位置だったが、4バーディー、1ボギーの69で回り、目下「最強女子プロ」の面目を保った。

 西郷の師匠である尾崎将司は褒めこそしないが、目を細めたのではないか。尾崎は全盛時代、ファンを常に意識してプレーしていたからだ。

 飛ばし屋の尾崎はファンが求める勝ち方にこだわった。時にそれがあだとなり、海外メジャーのパー5で強引な2オン狙いで自滅したこともあるのだが……。

 元ツアー関係者が言う。

「ジャンボは、人気選手だった田中秀道や好調で優勝を期待された若手らが予選落ちや大たたきしたときは『ファンはおまえのプレーを見に来ているんだ。雑なプレーはするな』と説教したものです。この日勝った上田は昨年結婚して性格が穏やかになったと聞いたが、若い頃は不調のとき、よくふてくされたような表情を見せていた。アマチュアではないので、そんなことはジャンボは許しません。西郷は今季の開幕戦を制し、前週までの5試合で優勝3回、2位1回。ファンが今大会で期待したのは、もちろん3週連続Vだった。過去に2人しか達成したことはなく、簡単なことではないが、本人も語っていたように、最終日はあきらめずに全力を心掛けての2位です。ファンが納得するだけのプレーは見せたのではないか」

 西郷が尾崎に「プロの心得」で大目玉を食らうことはなさそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま