20歳でW杯得点王ドイツのベテランFWミュラーの“特殊能力” 日本DF陣に封じ手なし

公開日: 更新日:

ドイツ(3)キープレーヤー

 昨夏の欧州選手権で16強と不甲斐ない成績に終わりドイツ協会は、バイエルン・ミュンヘンの指揮官フリックを代表監督に招聘。ここから上昇機運に乗った。FWムシアラら10代選手を抜擢する一方、14年ブラジルW杯優勝メンバーの32歳FWミュラーや32歳MFロイスらを呼び戻し、ベテランと若手を融合させることでチームに安定感をもたらした。フリック体制後は8勝1分け。カタールW杯で5回目のW杯制覇なるか? いぶし銀のミュラーが、ドイツ代表の命運を握っている──。

 ◇  ◇  ◇

 代表デビューは2010年3月の親善試合アルゼンチン戦。その3カ月後の南アW杯メンバーに20歳のミュラーが滑り込んだ。

 この時点で「代表歴5試合」の若手が、5ゴールを決めて、スペインのビジャ、オランダのスナイデル、ウルグアイのフォルランと並んで得点ランクトップになると予想した者は、誰一人いなかっただろう。ちなみにミュラーは大会最多タイの3アシストを決め、合わせ技として大会得点王に相当するゴールデンブーツ賞を受賞した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽