大坂なおみ世界35位に浮上も次なる試練…欧州クレーコートが完全復調の“鬼門”に

公開日: 更新日:

 4日に発表された女子テニスの世界ランキングで前回77位から35位に浮上したのが大坂なおみ(24)だ。

 前週のマイアミオープンは準優勝。準決勝で東京五輪金メダルのベンチッチ(25=スイス)に競り勝つなど復調気配にある。

 しかし、喜んでばかりもいられない。次戦は28日から始まるマドリードオープンで、その後には5月22日に開幕する全仏が控えている。大坂が苦手なクレー(赤土)コートのシーズンを迎えるからだ。

 昨年は5月のローマで初戦敗退、試合後に苦手なクレー対策をしつこく聞かれた。全仏の前哨戦だから当然とはいえ、このときのダメージが全仏での会見拒否や1試合プレーしただけで棄権したことにつながったといわれるし、「メンタルヘルス」の問題も表面化した。

 昨年の全米オープン3回戦で敗れて以来、無期限休養に。今年1月、約4カ月ぶりにツアー復帰したものの、実戦から遠ざかっていた大坂にとって何より必要なのは自信や感覚を取り戻すことだろう。一線級との対戦を含めて実戦を重ねたことで、ようやく復調の兆しが見えてきたところで鬼門のクレーシーズンに突入するのだ。

 3月のパリバオープンでは観客からの心ないヤジに涙してストレート負け。精神面の課題が完全に解消されたわけではないだけに、再び下降線をたどるようなことにならなければよいのだが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪