カブス鈴木誠也がWソックス戦で初マルチ安打も…指揮官が求める“本当の役割”

公開日: 更新日:

 カブス・鈴木誠也(27)が日本時間5日、ホワイトソックスとのオープン戦に「6番・右翼」で出場し、3打数2安打1打点。三回1死一、二塁の好機にオープン戦初の単打となる中前適時打。五回の第3打席では中前打を放ち、初のマルチを記録した。

 3日のエンゼルス戦では左中間スタンドに特大の2号2ランを放ち、広島時代に6年連続で「打率3割&25本塁打」を達成した長距離打者の片鱗を見せたが、日本人ルーキーが求められているのは一発だけではない。レギュラーシーズン開幕後は小技も要求されそうだ。

 デービッド・ロス監督は機動力や小技を駆使したスモールベースボールを得意としている。昨季、チーム盗塁数86個はリーグ4位、犠打数40個は同3位だった。今季はナ・リーグにもDH制が採用され、投手が打席に立たないため、ナの各球団の犠打数は大幅に減るとみられているが、ロス監督は「あらゆる戦術を駆使するつもりだ」と、引き続き小技を絡めた攻撃を展開するとほのめかしている。

 ロス監督は現役時代、多くの日本人野手と対戦した経験があり、鈴木を2番打者に据えたのは長打力だけでなく、進塁打や犠打などをこなせる日本人の器用さにも期待しているからだという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す