中尾孝義
著者のコラム一覧
中尾孝義元プロ野球選手

1956年2月16日、兵庫・北条町(現・加西市)生まれ。滝川高─専大─プリンスホテル。80年ドラフト1位で中日入団。1年目から正捕手として82年のリーグ優勝に貢献してMVP。88年オフに交換トレードで巨人へ。89年に日本一。92年に移籍した西武で93年に現役引退。3球団で日本シリーズに出場。走攻守三拍子揃ったプレースタイルで、「捕手の概念を覆した捕手」と言われた。引退後は西武、オリックス、阪神などでコーチなどを歴任。2009年から16年まで阪神スカウト。17年3月に専大北上高監督に就任。18年春、秋に東北大会に進出。19年11月に退任した。

滝川高時代に「昭和の怪物」作新学院・江川卓の球を2球ファウルしただけで新聞に載った

公開日: 更新日:

 ここからは私がアマチュア時代の話をしよう。

「昭和の怪物」江川卓に最初に会ったのは1973年3月。私が滝川(兵庫)3年の春だった。

 作新学院(栃木)がセンバツ甲子園に出場することになっていて、関西で練習場所と相手を探していた。数年前に作新学院から滝川に赴任した先生がいた縁で、合同練習をすることになったのだ。

 江川は2年夏の栃木大会で完全試合1度を含む、3試合連続ノーヒットノーランをマークするなど、すでに有名な投手だった。滝川のグラウンドに登場すると、まるで象のような尻の大きさに驚いた。次にキャッチボール。軽く投げながら90~100メートルと距離を延ばしていく遠投は、球の回転が良くて伸びるため、なかなか下に落ちてこないように見えた。そんな軌道を見たのは始めてだった。

■センバツ前の合同練習で4番の私は…

 その後のシート打撃。最初はアンダースローの大橋康延(大洋2位)が投げて、次に江川が出てきた。滝川の1~3番は直球を全て空振りで、かすりもしなかった。が、4番の私は2球ファウル。江川の目の色が変わった。次の3球目は私の頭部付近へ。やばい! と慌ててよけると、目の前で大きく曲がるカーブ。なんとストライクだった。結局、見逃し三振。当時の江川は直球とカーブの2種類だけ。とはいえ、どちらも凄まじい球だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い