矢野阪神の「敗戦辞典」どこまで続く? 開幕5連敗で思い出す“万年Bクラス”の暗黒時代

公開日: 更新日:

 かつて矢野監督の上司だった野村克也元監督は「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」といった。ならば開幕5連敗の阪神はどうか。

■27年ぶり球団ワーストタイ

 開幕戦は7点リードから、終盤に救援陣の炎上でまさかの逆転負け。継投が裏目に出ての開幕戦7点差逆転負けは、プロ野球史上ワーストタイ。

 第2戦はヤクルト左腕高橋の前に手も足も出ず、2安打完封負け。翌日は五回以降はヒットなしで連続シャットアウト負け。主催試合開幕3連敗は球団史上初の屈辱だった。

 気分一新。広島に場所を移しての4試合目は、三回に先制されたものの六回に連打で逆転。ところが最終回に新守護神ケラーが崩れてサヨナラ負け。

 三振が取れる球のないこの助っ人右腕は、登板2試合で2敗目を喫し、早々と配置転換となった。

 阪神OBが言う。

「この日(30日)は五回にロハスのソロ弾で今季初めて先制。先発左腕の伊藤将も良かったが、六回に広島打線につかまり、中野が絵に描いたようなトンネルで伊藤の足を引っ張り3点を失った。5点ビハインドの八回には三塁大山の送球ミスで7点目を献上。ベンチに負の連鎖を断ち切る動きはなく、負けるべくして負けた。こんな試合を続けていたらファンに申し訳ないですよ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日