鈴木誠也も標的に? カブスの親会社だったシカゴ地元紙ですら福留とダルを辛辣に批判

公開日: 更新日:

 カブスは長らく地元紙「シカゴ・トリビューン」と深く関わり合ってきた。同紙はカブスの前進である1870年創設のホワイトストッキングスの経営に参加。当時からカブスへの風当たりは強く、1981年に創業家のリグレー一族から球団を買収した後も、筆を緩めることはなかった。

 親会社でありながら傘下企業のひとつであるカブスに対して辛辣な報道姿勢を貫いた。監督の采配批判は当然で、不振が続く主力選手を容赦なく叩いてきたことで知られる。

 福留孝介(現中日)が2008年に4年総額約53億円で入団しながら、期待を裏切ると、「放出すべき」との報道が後を絶たなかった。

 18年に6年総額約136億円でドジャースからFA移籍したダルビッシュ有(現パドレス)も格好のターゲットにされた。

 この年のダルは5月にインフルエンザの症状を訴えて登板を回避し、復帰後は右上腕三頭筋腱炎で1カ月に2度の負傷者(IL)リスト入り。エースとして機能しないダルに対して同紙は「『面倒な手間のかかる投手』というイメージをさらに強めることになってしまった」とし、「FA選手の中でもっとも期待を裏切った1億2600万ドルの男」と痛烈に批判した。ダメ出しばかりする地元紙に嫌気がさしたのか、ダルは投球スタイルを批判する記事を書いた記者に対し、自身のSNSを使って反論して話題になったこともあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す