カブスはまだ再建途上なのに…ホイヤー編成本部長には「壊し屋」の異名が

公開日: 更新日:

 ジェド・ホイヤー編成本部長(48)はメジャーの老舗2球団でGMを務めた実務家として知られる。

 古巣レッドソックスでは2002年にメジャー史上最年少(当時)の28歳でGMに就任したセオ・エプスタイン氏(現MLBコンサルタント)の下、アシスタントGMを務めた。

■松坂のレッドソックス入りに尽力した実務家だが…

 実務は全て任され、06年オフには西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す松坂大輔の交渉に携わり、年俸、入札金額も合わせた120億円契約を手がけた。

 05年レ軍の共同GMを務めた後、パドレスGMを経て、11年オフ、カブス球団社長に就任したエプスタイン氏に請われて現在のポストに納まった。

 ホイヤー氏は、これまで編成責任者として、主にチームの再建に力を注いできた。記憶に新しいのは昨季途中のファイアセールだ。トム・リケッツオーナーの方針もあって、7月末のトレードデッドラインを前に、16年のナ・リーグMVPクリス・ブライアント内野手(現ロッキーズ)ら主力9人を一挙に放出した。パドレス時代の10年12月には、翌年オフにFAになる主砲エイドリアン・ゴンザレス(年俸約5億4500万円=当時、以下同)を若手有望株4人との交換でレッドソックスに放出した。カブスはまだ再建途上だが、若手主体のチームに切り替えたパドレスはその後、低迷期に入った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に