阪神・佐藤輝明“料理法”を他球団は熟知 球団史上初ホーム開幕3連敗の屈辱

公開日: 更新日:

 阪神の主催試合開幕3連敗は球団史上初だという。初戦は7点差をひっくり返され、27日は前日に続いての完封負け。23イニング連続無得点の責任を4番の佐藤一人に負わせるのは酷というものだが、「ここで打ってくれよ」という好機がこの日も2度あった。

 三回2死一、三塁では三邪飛に倒れ、五回も2死一、二塁で空振り三振。4点ビハインドの八回二死走者なしは一発を狙ってもいい場面だったが、二ゴロに終わった。

 佐藤は開幕戦こそ3安打したものの、前日は4タコ。ある阪神OBの評価は厳しい。

「開幕戦の3安打は、フォークと外角のシュート。コースも高さも甘かった。この日の初回の右翼二塁打も外角の甘いフォーク。一方、凡打は内角高めのストレートが多く、あとは外角低めのフォークと左腕の外角スライダー。ヤクルトの配球をみると、内角高めと外の変化球で打ち取る意図がみられた。これは打者を打ち取るセオリーではあるが、巨人の坂本などは対応できる。佐藤はしてやられた。今後は内外角のボール球に手を出さないとか、強引にヒットにして配球を変えさせるなどの策が必要。ライバル球団も佐藤に対し同じ攻めでくるだろう。春先に攻略できないと苦戦する」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?