阪神セ史上最悪の赤っ恥!“開幕戦犯”矢野監督と新守護神ケラー、辞めるのはどっちが先か

公開日: 更新日:

 7点リードから、まさかの逆転負けである。

■7点差を逆転され屈辱の開幕戦敗戦

 阪神は五回までに糸井の2ランを含む14安打で大量8点を奪い、8-1。その後2点を返され迎えた八回、先発藤浪からバトンを受けた斎藤友がサンタナに2ランを浴びると、3番手岩崎も、内山、塩見に適時打を許し、ついに1点差とされた。

 そして何よりヒドかったのが九回のマウンドを託された新守護神右腕のカイル・ケラー(28=前パイレーツ)だ。先頭の山田に投げた甘いカーブが左越えの同点弾となり、阪神ベンチは意気消沈。サンタナにもカーブを狙われ勝ち越し2ランをバックスクリーンへ運ばれた。

 阪神打線はその裏、2死一、二塁のチャンスをつくるも大山の遊ゴロでゲームセット。8-10で敗れた。ベンチで呆然とするケラーの表情が阪神ナインの胸中を物語っていた。開幕戦での7点差逆転負けはセ・リーグ史上ワーストの赤っ恥である。

 この助っ人は新型コロナの影響でチーム合流が大幅に遅れ、オープン戦登板はたったの2試合だった。武器であるカーブと150キロ超の真っすぐを中心に無失点に抑え、二軍の練習試合でも好投。4試合で3回3分の2を無失点に抑えたことで矢野監督は守護神起用を明言したが、阪神OBからは「オープン戦で判断するのは酷だが、実力はセーブ王のスアレスよりかなり落ちる。球離れが早く、ボールが高い。シーズン序盤での配置転換もあるのでは」という声も聞かれた。新守護神の大炎上による開幕戦黒星は、「ただの一敗」と片づけるわけにはいかないだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声