カブス率いるロス監督の厳格な一面 対話重視も怠慢プレーにはスター選手でも容赦せず

公開日: 更新日:

 デービッド・ロス監督(45)は現役時代の大半が控え捕手だったが、メジャーの老舗2球団にチャンピオンリングをもたらした優勝請負人だ。

 レッドソックス時代の2013年は上原、田沢の日本人リリーバーの女房役を務め、ポストシーズン8試合に出場。カージナルスとのワールドシリーズ(WS)第5戦で決勝二塁打を放つなど、攻守にわたる活躍でチームを8度目の世界一に導いた。現役最終年の16年にはカブスでプレーし、インディアンス(現ガーディアンズ)とのWS第7戦の六回に一発を放ち、108年ぶりの制覇に貢献した。引退後はシカゴの放送局の解説者、カブスの特別顧問を経て20年からチームを率いている。

 現役時はベンチ待機が長かったことから、指揮官の采配を観察してきた。19年オフに就任する際、ボビー・コックス監督(元ブレーブス)ら「多くの名将のベンチワークを間近で見て勉強になった」と話している。

 中でも影響を受けたのが、現役最後にプレーしたカブス時代のマドン監督だ。ベンチでは常に指揮官の横に座り、投手の代え時、代打を送るタイミングなどを伝授された。エンゼルスでは大谷をリアル二刀流で起用するなど時には奇策も辞さないが、ロス監督は「自分にはオーソドックスな戦略しか立てられない」とセオリー重視の采配に徹している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す