羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹がケガで3週連続欠場…マスターズ連覇に向けて無理が一番怖い

公開日: 更新日:

 マスターズ連覇の期待がかかる松山英樹が、今週の「WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー」も欠場します。

 これで、「ザ・プレーヤーズ選手権」「バルスパー選手権」と3週連続で実戦から遠ざかり、「体は本当に大丈夫なの?」と心配する声が大きくなっています。

 2018年も3連覇がかかった「WMフェニックスオープン」2日目が終わって左手親指痛のため棄権し、その後は1カ月以上もツアーから遠ざかりました。復帰後の2大会は49位、予選落ちと続き、調整不足から「マスターズ」は19位と不完全燃焼に終わりました。

 今回の原因は首から肩甲骨への痛みです。故障があれば、思い切りクラブを振ることができずに、タイミングを崩すことになります。回復に向かっていても無意識のうちに「また痛くなったらどうしよう」という怖さは常に付きまとい、インパクトが緩んでスイングバランスが悪くなる弊害も予想されます。

 今年のマスターズは前年覇者という立場と責任があるとはいえ、痛みがあるうちはしっかり休養に充てることも、これから先の競技人生を考えたら大事です。チャンピオンブレザーを渡すセレモニーだけに出席するという選択肢もあるかもしれません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか