中尾孝義
著者のコラム一覧
中尾孝義元プロ野球選手

1956年2月16日、兵庫・北条町(現・加西市)生まれ。滝川高─専大─プリンスホテル。80年ドラフト1位で中日入団。1年目から正捕手として82年のリーグ優勝に貢献してMVP。88年オフに交換トレードで巨人へ。89年に日本一。92年に移籍した西武で93年に現役引退。3球団で日本シリーズに出場。走攻守三拍子揃ったプレースタイルで、「捕手の概念を覆した捕手」と言われた。引退後は西武、オリックス、阪神などでコーチなどを歴任。2009年から16年まで阪神スカウト。17年3月に専大北上高監督に就任。18年春、秋に東北大会に進出。19年11月に退任した。

台湾プロ野球からキャンプ臨時コーチのオファー 終了後も「このまま残って」と

公開日: 更新日:

 西武の二軍バッテリーコーチを退任した1998年、来年はどうしようかと思い、中日時代の投手コーチで、当時の横浜・権藤博監督に連絡をすると、「来年のコーチはもう決まっちゃったよ」との答え。すると、しばらく経ってから権藤さんの知り合いだという球界関係者から電話があった。

「台湾の三商タイガースという球団で春のキャンプの臨時バッテリーコーチの仕事があります。行く気はありますか?」

 面白そうなので数日後、「行きます」と返した。

 通訳とマネジャーが台北の空港に迎えに来てくれた。国内線に乗り継いで向かったキャンプ地の台東では、ささやかな歓迎会を開いてくれた。ただ、私は酒が飲めない。台湾茶をがぶ飲みしたら眠れなくなった。一睡もしないで翌日の練習に参加した。当初はバッテリーコーチだったが、キャンプ中に監督からこう言われた。

「バッテリーのことだけじゃなくて、打撃のこと、守備のこと、なんでもいいから中尾さんが知っていること全部教えて」

 キャンプが終了した時点で帰国する予定だったものの、球団代表から「このままシーズンもコーチとして残ってください」と延長を打診され、迷うことなく承諾した。キャンプが終わって台北に戻り、開幕までの練習期間はホテル暮らし。開幕後には球団が2DKのマンションを探してくれた。単身赴任だったが、当時は私の子供が小さかったこともあり、春休みや夏休みに来られるよう、大きめのマンションで家賃は球団が持ってくれた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い