大谷翔平がOP戦圧巻の最速159キロ5K!仕上がり昨季以上でサイ・ヤング賞へさらなる現実味

公開日: 更新日:

 二刀流が堂々の投球を披露である。

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間22日、ロイヤルズとのオープン戦に初登板。2回3分の1を3安打1失点、5奪三振と好投した。

■最速159キロ

 大谷は直球とスライダーを軸にロイヤルズ打線をねじ伏せる。立ち上がりは力のある直球で相手のバットに空を切らせると、二回は変化球主体の投球に転換。5番ダンガン、7番ギャラガーをいずれも低めのスライダーで見逃し三振に仕留めた。三回、先頭のガルシアから空振り三振を奪った後、連打を浴びて1点を失ったところで降板した。球威も十分で、この日の最速は99マイル(約159.3キロ)だった。

 初登板を終えた大谷は「感覚よく投げられたので良かったかなと思います」と満足そうに振り返った。3イニング目に浴びた連打については「スライダーが真ん中に入ったので、そこらへんは実戦の感覚かなと思う」と反省も忘れなかった。

 2018年オフのトミー・ジョン手術から丸3年以上が経過。キャンプ序盤に早くも158キロをマークしたように、右肘は万全と言えるのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!