花巻東・佐々木麟太郎に大物の予感 「ここぞの場面」で結果を出せることが大きい

公開日: 更新日:

 春のセンバツでスターが誕生する気がする。

 花巻東(岩手)の2年生スラッガー・佐々木麟太郎のことだ。

 まだ下級生なのに、部長はもちろん、いつも苦虫を噛み潰したような表情のエライさんまで注目している。昨秋の明治神宮大会で佐々木を見た部長は、「足と守備はハッキリ言って良くない。走るスピード自体、遅い上、一塁守備にしてもグラブさばきや打球に対する反応が悪い。ただ、バッティングに関してはそんな欠点を帳消しにして余りあるものをもっている」と、こう言う。

「打ち方、タイミングの取り方、ボールとの距離感がいいうえに、左方向にも長打を打てる。何より、ここぞの場面で結果を出せるのは大きい。明治神宮でも、いいところで打ってたからな。清原や松井秀喜らプロでもスターになった連中は、チャンスに強かった。特にプロはそうそうチャンスが転がっているわけじゃない。少ないチャンスをモノにするだけのものを備えた選手とそうでない選手には大きな差があるように思う」

 だからといって、下級生のうちからチェックする必要はあるのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に