W杯への大一番・豪州戦は原口元気がカギを握る 森保J“勝利のフィニッシャー”

公開日: 更新日:

 7大会連続W杯切符が懸かるオーストラリア戦(24日=シドニー)の代表選手が発表され、スポーツメディアは「代表復帰組のMF三笘(サンジロワーズ)と旗手(セルティック)が切り札となる」などかまびすしい。

「勝ち点3を獲得するためのキープレーヤーは先発組ではなく、ベンチの控え選手にいる。ドイツ1部のウニオン・ベルリンでプレーする原口元気(30)です」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「得点力の低い日本代表が、ここ5試合を計1失点に抑えて勝ち続けているのは、試合後半に出番が回ってくる原口の存在が大きい。浦和ではFWを任されていたが、2014年にドイツに渡るとサイドアタッカー、インサイドMF、守備系MFのアンカーなど複数のポジションをこなせるユーティリティー選手に進化。フィジカルの強さを生かして相手の攻撃系主軸を封じ込め、リードしたまま試合を終わらせる<フィニッシャー>としての貢献度は高い。オーストラリア戦勝利の鍵を握っている選手です」 

 予選序盤は左右のサイドアタッカーで起用された原口は、21年11月11日のベトナム戦(1-0)ではセントラルMF守田(サンタクララ)と交代出場。同16日のオマーン戦(1-0)では1トップ大迫(神戸)に代わって登場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ