福岡国際マラソン「復活」にこれだけの疑問 昨年終幕のはずが…なぜ?

公開日: 更新日:

 昨年の75回大会を最後に幕を閉じた福岡国際マラソンの「復活」が決まった。

 1947年創設のこの大会は数々の名勝負が繰り広げられてきたが、近年はトップ選手の出場が激減。テレビ視聴率が低下し、財政難に陥った。一方、最近は一部のエリート選手だけでなく、数万人規模の市民参加型レースが主流になってきた。こちらはマラソンブームに乗り、「参加料」という安定収入が見込めることが大きい。

 福岡の市民マラソンといえば、福岡市と糸島市が主催する11月の福岡マラソンがある。新たな福岡国際はこの大会と統合せず、従来通り男子のトップ選手のみの参加となる。大丈夫なのか?

 実業団OBが言う。

「実業団のトップ選手が福岡国際にソッポを向くのは、約1カ月後に、実業団が最も力を入れる元日の『ニューイヤー駅伝』があるからです。監督も、選手を走らせたくないのが本音です。開催月を変更できないなら、ニンジン(高額賞金)をブラ下げるしかないでしょう」

 国内の二流選手しか出てこないなら、海外選手がいる。先日の東京マラソンは世界記録保持者で五輪2連覇のキプチョゲに1億円ともいわれる出場料を払って招待し、自身が持つ世界記録(2時間1分39秒)に迫る異次元の走り(2時間2分40秒)が注目された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実