ソフトB「11人目の外国人」は17歳の“原石” 他球団が羨む海外スカウティングの秘密

公開日: 更新日:

 取りも取ったり11人──。

 ソフトバンクは15日、育成選手のアレクサンダー・アルメンタ(17)の入団会見を行った。

 メキシコ出身の最速150キロ左腕は、昨年メキシカンリーグでプロデビュー。2試合に登板した「原石」というべき選手だ。

 今季、ソフトバンクの外国人選手は総勢11人。とはいえ、戦力として期待される「助っ人」はデスパイネやモイネロらキューバ勢を筆頭とする7人。アルメンタを含む残り4人は背番号3ケタの育成選手だ。

 孫正義オーナーの号令の下、「世界一の球団を目指す」ソフトバンクは育成枠も国籍にこだわっていない。育成から勝利の方程式に出世したモイネロという前例もあり、国内外を問わず選手を広く獲得している。

「今はどの球団も海外スカウトはいるが、ソフトバンクの場合は2014年にドミニカ共和国在住で、野球関連の仕事をしていた日本人とスカウト契約。彼が中南米を飛び回り、選手を見極めている。だからか、ソフトバンクは日本の野球にフィットしやすい選手の見極めがうまい。しかも、育成野手のマルコ・シモンら、プロ経験がない選手も将来を見据えてバンバン取りますからね」(パ球団スカウト)

 もちろん、チーム強化のために投じたカネは他球団とはケタ違い。38人もの育成選手を抱えられるのも、三軍が正常に稼働しているからだ。

 メジャー並みのスケールで球団を運営しているソフトバンク。他球団も呆れるやら、羨ましがるやら、だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い