羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹「ザ・プレーヤーズ選手権」棄権は賢明な選択 痛みが長引けばマスターズも含め長期休養を

公開日: 更新日:

 20位に終わった「アーノルド・パーマー招待」で首に違和感のあった松山英樹が、翌週の「ザ・プレーヤーズ選手権」を棄権しました。

 詳しい症状はわかりませんが、スタート前に首から肩甲骨にかけての痛みを訴えており心配です。

 無理をして出場すれば、さらに悪化することも十分に考えられ、欠場を決めたのは賢明な選択だったでしょう。

 松山の場合、スイングに問題があるのではなく、スイングできる万全の体調なのか、が問題です。

 専属トレーナーがいつもケアしているとはいえ、30歳を過ぎると10代や20代と違い、疲れがすぐに抜けず、知らず知らずのうちに体が悲鳴を上げます。

 私も最初は30歳の時でした。試合中にキャディーバッグからクラブを抜いて、軽く素振りしていたらぎっくり腰になり、フェアウエーにひっくり返ってしまいました。

 初めは腰に違和感があり、クラブを振っている時にチクチクと痛み出し、だんだんと悪化していったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

  2. 2
    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

  3. 3
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  4. 4
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  5. 5
    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

  5. 10
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」