巨人の「パ・リーグ恐怖症」は悪化の一途 キャンプ中の対外試合から2勝7敗1分けの体たらく

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(32)が打たれた。

 11日のオリックス戦で今季実戦2度目のマウンドに上がると、初回1死一、二塁から4番・杉本に先制打を浴び、5番・太田にも左前適時打、6番・安達には右犠飛を打たれ、いきなり3失点。四回には2死満塁から宗に走者一掃の3点適時二塁打を許した。4イニングを投げて7安打2三振2四球6失点。25日の中日との開幕戦へ不安を残す内容となった。打線もオリックスのエース山本に5回無失点に抑えられ、1-6と完敗。巨人はオープン戦5連敗である。

 前カードではソフトバンクに2連敗。2019、20年の日本シリーズで8連敗を喫した相手に、昨年の交流戦でやっと1勝。19年の交流戦から日本シリーズ、オープン戦を含めて続いていた連敗は14で止めたものの、これが708日ぶりの白星だった。

■昨季の交流戦負け越しもV逸の要因に

「そんな天敵の他に、最近はオリックスにも一方的にやられている。昨年の交流戦は2敗1分け。この日先発した山本だけではなく、宮城、山崎福、山岡らの投手陣に抑えられ、1勝もできなかった。交流戦自体も負け越して9位に沈んだことで、首位阪神猛追ムードがしぼんでしまい、これがV逸の要因のひとつになった。今年は新庄監督が就任した日本ハムにもキャンプ中の練習試合を含めて3連敗。こちらも苦手意識にならないか心配です」(巨人OB)

 キャンプ中の対外試合からパ・リーグ相手に2勝7敗1分けと、やられっ放し。この日は原監督が体調不良のため欠場し、元木ヘッド兼オフェンスチーフコーチが監督代行を務めたが、巨人ナインの「パ恐怖症」は、誰が監督であろうと、増すばかりである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」