新小結の豊昇龍に叔父・朝青龍ばりの気迫は生まれるか 今場所から始まるカウントダウン

公開日: 更新日:

 初三役でどんな相撲を見せてくれるか。

 13日初日の3月場所を自身初の小結で迎える豊昇龍(22)。9日は叔父さんの元横綱朝青龍から激励の電話があったことも明かした。面構えも朝青龍を彷彿させるものがあり、かつて多用していた足技などの飛び道具も封印。押してからまわしを狙う正統派の四つ相撲を磨き、最近では上位力士に当たり負けすることも少なくなっている。

 何より、上位陣の壁はそこまで厚くない。横綱照ノ富士や新大関の御嶽海らはいるものの、大関は正代に元気がなく、貴景勝はケガがち。特に豊昇龍は正代には過去4戦全勝だ。朝青龍も貴乃花や武蔵丸(現武蔵川親方)ら横綱が衰える中をくぐりぬけ、チャンスをものにしている。

 豊昇龍は「まずは勝ち越しを目指す」と、あくまで謙虚。それでも三役止まりで終わるとは到底思えないのは、相撲ぶりもさることながら血筋も無関係ではないだろう。

「朝青龍叔父さん」ばりの気迫

 親方のひとりは「朝青龍ばりの気迫があれば大関も夢じゃない」と、こう続ける。

「もちろん、ヤンチャぶりを真似されるのは勘弁として、若手時代の朝青龍の気迫は凄かったですからね。異常とも言っていいでしょう。なにせ、稽古で負けただけでも悔し涙を流していたほど。それだけ相撲に貪欲だったからこそ、結果がついてきた。豊昇龍も今の力士の中ではガツガツしている方だし、稽古量も多い。それでも若かった頃の朝青龍には及ばない。性格もそんな叔父さんに比べたら優しい面が目立ちますからね。相撲の面でも、かつてはモンゴル出身力士が少なく、だからこそ朝青龍の素早い相撲が武器になった。今は全体的に相撲のスピードが上がっており、豊昇龍も格別素早いわけではありません」

 ちなみに叔父さんは三役を通算7場所で通過。甥っ子もさらに貪欲になってほしいものだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す