快音9連発!中田翔が浴びる原監督の褒め殺し 打てなくなれば掌返しの“口撃”が始まる

公開日: 更新日:

 巨人中田翔(32)が対外試合9試合連続安打を放った。

■“2人欲しい”と言われ…

 9日のソフトバンク戦で松本のスライダーを左中間に運んだ。キャンプ中の練習試合を含めた実戦は全9試合で安打を放ち、オープン戦は14打数6安打、打率.429と好調をキープしている。オープン戦のチーム打率は12球団ワーストの.171だけに、余計に中田が目立っている。前日にはオープン戦のチーム初適時打も放った。原辰徳監督(63)は「もう1人、中田が欲しいね」とニンマリである。

 昨季8月に巨人移籍後は、打率.154、3本塁打、7打点。2度の二軍落ちを経験するなど散々なシーズンだった。原監督は昨年末、こんなことを言っていた。

「(中田の)本来の姿ってオレたちは見たことがない。今季が本来の姿かもしれない。オレたちはそれしか見ていないんだから」

原監督に変化

 さる巨人OBがこう言った。

「原監督は選手を褒める時と、けなす時の落差が激しい。だから、移籍したばかりの選手は戸惑うようです。特に期待が大きい大物や自分が進言して獲得した移籍選手が期待を裏切った時にそういう傾向がある。村田修一(現・打撃兼内野守備コーチ)をFAで獲得した2012年、二回の2打席目に凡退後、即交代を命じただけでなく、『もう家に帰っていいよ』と試合中に“強制帰宅”させたことがあった。以降はマスコミを使って『だらしない』と責めたり、村田にはことさら厳しかった」

 そんな原監督に変化があったという。

「第2次政権最終の2015年になると、『村田はいいホームランだったね』などと褒めるケースが増えたんです。この年の村田は苦しんでいて打率は2割前半をさまよい続けたし、規定打席に到達しなかった。原監督は“最後の手段”として褒める時もあるのです」(同前)

 今の中田を称賛するのは最後の手段ではないだろうが、少しでも調子が落ちれば、原監督の容赦ない“口撃”が待ち受ける。巨人の主力を張るには、強靱なメンタルも必要である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》