日本柔道界のプーチン大統領への処分の甘さに批判殺到「黒帯剥奪を」「講道館は親ロシア?」

公開日: 更新日:

 ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、国際柔道連盟(IJF)は6日、プーチン大統領をIJFの名誉会長など全ての役職から解任することを発表した。

 プーチン氏は先月27日、名誉会長とアンバサダー(大使)の資格を一時停止されていたものの、当初は停止処分で、現在も「解任」のみとする処分。日本柔道界からも“柔道家”としてのプーチン氏へ厳しい声が上がらないことに対し、SNSでは批判が相次いでいる。

〈講道館はこれでもまだ対応しないのかな〉〈講道館も柔道6段の無効と無期限の出入禁止だろう。それとも講道館は親ロシアなのかな?〉〈講道館も、一定の節度を保ちつつ、声明を発表した方が良い〉〈こんな臆病なプーチン大統領から黒帯を取り上げない、柔道界も情けない〉〈これはプーチン堪えるやろけど、黒帯剥奪するべき。(中略)内柴さん時はできたのになんでプーチンの時できねぇんだよ〉

 いずれも日本の柔道界の対応の遅さと処分の甘さにガッカリしている声が目立つ。

 プーチン氏は柔道愛好家で、12年には国際柔道連盟は「8段」の段位を授与している。2000年の来日時には、柔道の総本山「講道館」を訪れており、6段の紅白帯を与えられたという。

 ちなみに、他のスポーツでは、先月28日には国際統括団体のワールドテコンドーがプーチン氏に2013年に授与した名誉9段黒帯を剥奪。国際オリンピック委員会(IOC)は、最高の栄誉とされるオリンピック功労賞を剥奪、国際水泳連盟(FINA)も14年に付与した功労賞を撤回している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?