己の保身? “皇帝”プルシェンコがプーチン大統領を擁護する本当の狙い

公開日: 更新日:

 スポーツ界のロシア「追放」が止まらない。IOC(国際オリンピック委員会)の国際大会除外勧告を受け、サッカーフィギュアスケートなど各競技連盟がロシア選手の大会除外を決めた。

■ロシアのスポーツ界追放に猛抗議

 これに猛抗議したのが“皇帝”エフゲニー・プルシェンコだ。2006年トリノ五輪フィギュアスケート男子シングル金メダリストで「プーチン派」として知られる。2日、ISU(国際スケート連盟)が23日開幕の世界選手権(フランス)でロシア勢を除外したことに対し、自身のSNSで1300字以上にわたる長文で不満をつづった。

「スポーツと政治を混同させてはいけない。これは差別であり、アスリートの権利に対する露骨な侵害です。我が国の選手が参加しなければ、(世界選手権での)勝利の価値は下がるだろう」とした上で、最後に「私は大統領を信じています」と締めた。

 ロシアのアスリートでさえ、「戦争反対」の意思を示す者がいる中、際立つ“皇帝”のプーチン擁護。「親ロシア」を前面に出す背景には、自身が経営するスケートクラブの存在があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに