己の保身? “皇帝”プルシェンコがプーチン大統領を擁護する本当の狙い

公開日: 更新日:

 スポーツ界のロシア「追放」が止まらない。IOC(国際オリンピック委員会)の国際大会除外勧告を受け、サッカーフィギュアスケートなど各競技連盟がロシア選手の大会除外を決めた。

■ロシアのスポーツ界追放に猛抗議

 これに猛抗議したのが“皇帝”エフゲニー・プルシェンコだ。2006年トリノ五輪フィギュアスケート男子シングル金メダリストで「プーチン派」として知られる。2日、ISU(国際スケート連盟)が23日開幕の世界選手権(フランス)でロシア勢を除外したことに対し、自身のSNSで1300字以上にわたる長文で不満をつづった。

「スポーツと政治を混同させてはいけない。これは差別であり、アスリートの権利に対する露骨な侵害です。我が国の選手が参加しなければ、(世界選手権での)勝利の価値は下がるだろう」とした上で、最後に「私は大統領を信じています」と締めた。

 ロシアのアスリートでさえ、「戦争反対」の意思を示す者がいる中、際立つ“皇帝”のプーチン擁護。「親ロシア」を前面に出す背景には、自身が経営するスケートクラブの存在があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

  2. 2
    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

  3. 3
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  4. 4
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  5. 5
    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

  5. 10
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」