大谷翔平が米5年目で初の開幕投手“確定” ロックアウト長期化でエ軍先発陣にライバルなし

公開日: 更新日:

 米大リーグ機構(MLB)と選手会による労使交渉が2月28日(日本時間3月1日)、フロリダ州ジュピターで8日連続で行われた。現地時間午前10時に始まった交渉にはロブ・マンフレッド・コミッショナーも参加。機構はこの日までに新労使協定に合意できなければ、3月31日(同4月1日)の開幕を遅らせ、シーズンを短縮する方針を打ち出している。

 今後は通常よりも短い約1カ月間でキャンプ、オープン戦を行うため、選手は突貫工事での調整を強いられる。各球団は停止していた戦力補強を進めることになり、チームによっては陣容が揃わないまま開幕を迎えることになりかねない。

 大谷翔平(27)のエンゼルスも例外ではないが、二刀流はメジャー5年目にして初の開幕投手という大役を務めることになりそうだ。

 エ軍はロックアウト突入前、FAでシンダーガード(前メッツ)、ロレンゼン(前レッズ)の両右腕を獲得し、守護神イグレシアスと再契約。ミナシアンGMが「最優先事項」としていた投手陣の整備を図った。

■大谷しかいない

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?