著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

清原和博氏だけじゃない! 大リーガーによる「人命救助エピソード」3選

公開日: 更新日:

 日本では清原和博氏の人命救助が話題になっているが、メジャーリーグでも現役の有名選手や元スター選手の人命救助がニュースになったことが何度かある。

 2013年当時レッズの主砲格だったトッド・フレイジャーは遠征先のレストランで食事中、近くのテーブルが騒がしくなったので、そちらに目を向けると年配の男性が喉に食べ物を詰まらせ、喉のあたりを手でかきむしる動作をしていた。

 男性と一緒に来た女性がハイムリック法(患者の背中側から腕を回してみぞおちの下端を強く押し横隔膜を上方に突き上げて詰まった異物を吐き出させる救助法)で吐き出させようとしていたが、力が弱いのでどうにもならない。このままでは救急車が来るまでに絶命すると思ったフレイジャーは、その席へ行くと交代を申し出て女性たちがやっていた要領で背後から腕を回して男性のみぞおちの下端のあたりを長距離砲のパワーで強く押した。すると2度目に喉に詰まっていたものが口から勢いよく吐き出され、男性は命拾いした。

 現役のスター選手による人助けとして名高いのは、かつてのレッドソックスの主砲ジム・ライスが相手チームの打者が放った弾丸ライナーを頭に受けて昏倒した少年ファンをフェンスを乗り越えて胸に抱き、球場(フェンウェイパーク)の医務室に運び込んだケースだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路