小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

「飛ばない金属バット」導入へ 高野連にはバットの“体重制限”も検討してほしい

公開日: 更新日:

 日本高野連がついに決断した。成立前の試合を引き継いで翌日以降に再開する「継続試合」を今春のセンバツから採用することを決めた。雨天などで試合が中断された場合、イニングに関係なく翌日以降に中断された場面から再開し、九回か勝敗が決まるまで戦う。春のセンバツと夏の甲子園大会で採用される。

 昨夏の甲子園で雨の中、水浸しになったグラウンドで大阪桐蔭-東海大菅生(西東京)戦が強行され、3点を追う東海大菅生が八回表1死一、二塁のチャンスを迎えたところで無念の降雨コールドゲームとなった。「継続試合」のルールがあれば、審判はもっと早く止めていただろうし、翌日にその場面から再開すれば、勝敗だって分からなかった。

■10~20年遅い「継続試合」決定

 2000年のセンバツで、延長回の規定が十八回から十五回に変更された。選手の体調や投手の投球数を考えてのことだ。それなら「再試合」で最初から九回まで戦うより「継続試合」として翌日に続きをやった方が、早いイニングで決着がつくのだから、選手の負担も少ない。これで降雨によるノーゲームやコールドゲーム、日没による引き分け再試合はなくなる。横浜高の部長時代、甲子園で雨に泣かされた試合があった。やっと決めてくれたのは評価できるが、判断が10~20年遅い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に