山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神“キャンプ番長”江越大賀にヤキモキ…8年目遅咲き開花への期待

公開日: 更新日:

 春季キャンプでは毎年のように期待と注目を集めるものの、いざシーズンに入るとなかなか活躍できない、言わばキャンプ番長のような選手がいる。この類いの選手はどこの球団でも未完の大器と呼ばれ、いつまでもファンをヤキモキさせる。

 現在の阪神では今年8年目を迎える江越大賀(28)もその一人だろう。

 走攻守すべてにおいて、その高い身体能力はルーキーイヤーからおおいに注目されており、将来的にはいわゆるトリプルスリーを目指せる万能型の外野手であると各方面から言われてきた。過去にはその潜在能力に惚れ込んだ他球団の指揮官からトレードでの譲渡を打診されたこともあったという。

 これまで、江越がその才能の片鱗を見せたことは何度かあった。ハイライトは2年目の2016年4月、代打とスタメンを合わせて3打席連続本塁打、4試合連続本塁打をマークしたことで、そのときは将来のクリーンアップが覚醒したと思わせられるに十分なインパクトがあった。パンチ力がある、足も速い、肩も強い。最上級の期待をするなら、かつて清原和博とのAK砲で西武黄金時代を支えた秋山幸二のようなトータルプレーヤーになれる逸材だとおおいに興奮したものだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す