あるかIOCのワリエワ問題揉み消し…バッハ会長は「プーチンのプードル」

公開日: 更新日:

「五輪精神がこれほどまでに輝いたのは、中国のみなさまが文句なしの舞台を、安全な形で整えてくださったからです」

 北京五輪の閉会式でこう胸を張った国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長。実際は「文句なしの舞台」とは程遠く、問題は山積。メチャクチャな大会だった。

【写真】この記事の関連写真を見る(16枚)

 最大の汚点はフィギュアスケート女子のワリエワのドーピング違反問題だ。ワリエワの出場を許可したスポーツ仲裁裁判所(CAS)に対し、バッハ会長は「提訴したが却下された」と話したが、IOCが出場停止を強権発動すればよかっただけの話。本気度が疑われて当然である。

 ロシアの薬物違反がなくならないのは、IOCの弱腰にも原因がある。ロシアは2015年に国家ぐるみのドーピング違反が明らかになり、国際大会から3年間の排除処分を受けた。世界反ドーピング機関(WADA)が全面参加禁止を訴える一方、IOCは16年リオ大会で潔白な選手を個人資格で参加を認めた。パラリンピックは全面出場禁止になっている。今大会も、ロシアに制裁を科したCASは五輪開催地に政府関係者らの立ち入りを禁じているにもかかわらず、「開催国元首の招待特例」でプーチン大統領が開会式に出席した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に