巨人・中田翔“自称ベスト”体重112kgの落とし穴…OBは20kg増の故障リスクを指摘

公開日: 更新日:

 巨人中田翔(32)が2試合連続安打をマークした。

 20日のDeNAとの練習試合に「6番・一塁」で先発出場。五回に中前打を放った。今季初実戦となった前日の広島戦でも安打をマーク。原監督は「気分良く野球をやっていることは非常にいい」と目を細めている。

■体重20キロ増で112キロ

 暴行問題を起こした昨季、8月に日本ハムから無償トレードで移籍すると、34試合で打率.154、3本塁打、7打点に終わった。打球が飛ばなくなったことを問題視した中田は、昨季の体重92キロから「これがベスト体重」と20キロ増の112キロでキャンプイン。今のところ、一塁の守備でも軽快な動きを見せてはいる。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう指摘した。

「日本ハムの新庄監督は、キレを出すために清宮に減量を指示した。中田の増量は時代と逆行している感はある。『かつてはこの体重でプレーしていた』といっても、それは若い時の話。30代になると故障しやすくなるので、年齢によって適正体重は変わってくる。それでも動けるからいいという話ではなくて、故障のリスクが増すということ。昨年、巨人に移籍する前にはヘルニアで離脱している。112キロの体重は、椎間板に大きな負担をかけることになる。力士もそうだが、特に膝を故障するリスクが高まる点も見逃せない。体重にこだわるより、トレーニングで筋力を戻す方法もあるわけで、体重は100キロが限界ではないか」

 中田は10年ほど前に両膝に故障歴がある。特に半月板を損傷した左膝は手術も受けている。故障より打球が飛ばない恐怖が勝るようだが、この増量作戦は吉と出るか凶と出るか──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》