歴代最強女王ソレンスタムの14年ぶり全米女子OP出場で思い出す“あの噂”の真偽

公開日: 更新日:

 伝説の女子プロが帰ってくる。

 全米ゴルフ協会(USGA)は17日、全米女子オープン(6月2日開幕)にアニカ・ソレンスタム(51・スウェーデン)が出場すると発表した。

 同大会3勝のソレンスタムは昨年の全米シニア女子オープン優勝により出場権を得た。今年の会場は、1996年に大会2連覇を達成したパインニードルズGC(ノースカロライナ州)。メジャー10勝、ツアー通算72勝、5年連続を含む8回の賞金女王を誇る「歴代最強」といわれる元女王が、14年ぶりに世界最高峰の舞台でどんなプレーを見せてくれるか注目だ。

 93年にプロ転向したソレンスタムは身長168センチ。米女子ツアーの中では大柄ではないが、体は年々大きくなり、二の腕は男性並みに太くなった。インパクトからフォローにかけてボールの行方を見続ける「ルックアップ打法」のドライバーショットは飛距離が出て曲がらない。当時のミズノクラシック(現TOTOジャパンクラシック)では2001年から5連覇し、国内選手とのレベルの差を見せつけた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?