山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

現役時代は大ファンだった阪神・藤井康雄の一、二軍巡回打撃コーチ就任に大興奮

公開日: 更新日:

 例年に比べて新戦力の補強に乏しい今季の阪神だが、コーチングスタッフに目を向けると一、二軍巡回打撃コーチという新ポストに藤井康雄が加わったことにはとても興奮している。球団は野手全員への打撃指導を期待しているという。

 藤井康雄といえば、阪急、オリックスで過ごした現役時代はブルーサンダー打線(懐かしい)の一角を占める長距離砲として活躍し、引退後は打撃コーチとしてオリックスではT-岡田ソフトバンクでは柳田悠岐ら、自身と同じ左のスラッガーを育成してきた。「4(フォー)スタンス理論」で知られる、実績抜群の名指導者だ。

■大山、佐藤輝を指導する楽しみ

 もちろん、そんな藤井コーチだからこそ、我が阪神では大山悠輔佐藤輝明に加えて、3年目の井上広大やルーキーの前川右京ら、長距離砲タイプの指導には大いに期待している。特に佐藤輝は藤井コーチお得意の左のスラッガーということで、今季2年目の大覚醒を夢見てしまう。

 また、そもそもの話として、私は現役時代の藤井コーチの大ファンだった。昔から虎党ではあったものの、選手個人としてはオリックス・藤井康雄に格別な魅力を感じていた。1987年に当時の阪急に入団以降、現役16年間で通算1207安打、282本塁打。若手時代は上に門田博光や石嶺和彦、松永浩美、ブーマーなどそうそうたる強打者がおり、中堅になると下にイチローが台頭してきたものだから、藤井はそこまで脚光を浴びた打者ではなかったかもしれないが、だけど、そのホームランの美しさは当時の球界で屈指だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す