巨人の開幕投手は戸郷vs高橋優貴で一騎打ちか…原監督「今年は若手」の信憑性

公開日: 更新日:

 巨人が14日、沖縄・那覇で2次キャンプをスタートした。桑田投手チーフコーチは今季の開幕投手候補を「4人に絞った」としており、この沖縄キャンプ中の「2月いっぱいで決める」と公言している。そのうちの一角とみられる戸郷翔征(21)が、今季初の対外試合となる、15日の日本ハムとの練習試合に先発する。

 戸郷以外の「4人」とは、エース菅野智之(32)、山口俊(34)、高橋優貴(25)とみられる。菅野は「そこ(開幕)で投げるつもり」と例年以上に飛ばして調整しているが、原監督は「今年は若手を使う」との方針を示している。さるチーム関係者がこう言った。

「オーナーがチームに『若手を入れてチームを変革せよ』と号令をかけていることで、周りが思う以上に、原監督には思い切って若手を抜擢する構想があるようです。それは昨シーズン崩れた投手陣であり、レギュラーが決まっていない捕手、あいている内外野のポジションもそう。それはチーフの桑田投手コーチにも伝わっている。2年連続9勝の戸郷は今年、制球力が飛躍的にアップし、評論家になった松坂大輔氏にスライダーの投げ方を伝授されるなど好調を維持している。原監督は昨年、この戸郷にだけは前もって『開幕2戦目に投げろ』と登板日を伝えていた。将来のエース筆頭候補だからです」

高橋は立派な「桑田チルドレン」

 そんなチーム方針から、「開幕投手」は戸郷と昨年チームトップの11勝を挙げた高橋の4年目同士の一騎打ちの可能性が高まっているという。

「高橋は桑田コーチが補佐に就任した昨年のキャンプから重点的に指導を受けたひとり。昨年は最後の6番目ながら開幕ローテに滑り込むと、『丁寧に先頭打者を打ち取ることを考えよう』などのワンポイントアドバイスを受けながら開幕5連勝。終盤はガス欠を起こしたものの、高橋は立派な『桑田チルドレン』といえます」(前出の関係者)

 桑田コーチが言う「2月いっぱい」の期日まで約2週間。まずは戸郷がビッグボス率いる日本ハムとの重要なテスト登板に臨む。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走