阪神・藤浪の復活は「カーブ」にカギあり 右打者が嫌う“抜け球”も生かし方次第

公開日: 更新日:

 不振脱却へ、勝負の10年目を迎える。

 オフに宿敵巨人の菅野に弟子入りするなど、なりふり構わず浮上のきっかけを掴もうとしている。キャンプ前には菅野から直伝されたワンシームやヤクルトの大ベテラン・石川に教わったというシンカーをブルペンで試した。

 先発として臨む今季。キャンプ初実戦となった5日の紅白戦では佐藤輝に一発を浴びるなど、2回1失点。結果はともかく、捕手・梅野の発案で投じた110キロ台のカーブでロハス・ジュニアを空振り三振に取った。

「投球フォームは昨年までと大差はない。復活のカギを握るのはカーブではないか」と、阪神OB。

「これまでの藤浪はストレートを軸に、カット、スライダーを織り交ぜ、最後は落ちる球で勝負するスタイル。ストレートが走り、制球が安定しているときはグイグイ押せるが、ストレートが抜けるときは四死球が多くなるだけでなく、スライダーでカウントを取りにいって痛打を浴びるケースが目立つ。それが勝ちきれない原因になっている。カーブを使えれば緩急をつけられるだけでなく、ストレートの制球が安定しないときにカウント球としても使うことができる。投球に余裕が出てくるはずです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?