大相撲トーナメントも中止に…コロナ禍で「力士間格差」がますます大きく

公開日: 更新日:

 本場所以外の行事やイベントが次々と中止になっている大相撲。6日に行われる予定だった「日本大相撲トーナメント」も、力士のコロナ感染が相次ぎ、2年連続で中止となった。

 4日のPCR検査では、横綱照ノ富士ら力士12人に加えて親方数人の感染が判明。こうなると、いよいよ巡業や出稽古再開どころではない。場所直前の出稽古を解禁したところで、今回のようなことが起きれば本場所が中止となりかねない。

 大相撲は2020年に新型コロナにより力士が死去。基礎疾患持ちが多い世界だけに協会も神経をとがらせている。感染対策を無視した元大関朝乃山らが厳しい処分を受けたのはそのためだ。

 とはいえ、出稽古や巡業ができなければ、力士の実力ダウンによる地盤沈下は避けられない。本場所前の調整である出稽古は言うに及ばず、巡業も横綱大関に稽古をつけてもらう場でもあった。

 その一方で「稽古嫌い」と揶揄されながら、独自のマイペース調整を貫いてきた御嶽海が1月場所を制して大関昇進。今後1年、まだまだ番付は大きく動きそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す