釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂元日本サッカー協会副会長

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

救世主・伊東純也は「点取り屋」としてまだまだ伸びしろがある

公開日: 更新日:

 W杯アジア最終予選でサウジアラビアと対戦(2月1日)した日本代表は、2-0のスコア以上に良い内容のサッカーをやっていたと思う。この試合に関しては、あまり注文をつけるところもないね。

 FW南野の先制ゴールをアシストし、チーム2点目を豪快なシュートで決めたFW伊東が、森保日本の救世主であることを改めて印象付けてくれた。やはりスピードという得難い武器を持っているのは強みだね。

 日本選手はパス回しが得意だが、彼の縦へのスピードがアクセントとなり、日本の攻撃に厚みを加えてくれる。

 左サイドのDF長友が粘り、そこから出たボールが伊東のゴールを演出した。偶発的なラストパスだったが、サイドから崩すというチームの意図は感じられた。それはきっちり評価しておこう。 4試合連続ゴールと絶好調の伊東は、たとえばボールを受ける際の体の角度、ドリブルの方向や緩急など改善の余地はある。言うなれば「まだまだ点取り屋として伸びしろがある」ということ。

 年齢は……3月で29歳か。もう少し若ければ欧州4大リーグから引き合いがあっただろう。カタールW杯に出場してゴールを決めたら、好条件のオファーが届くかも知れない。楽しみだね。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至