秦真司氏 前年秋から実戦なしで挑んだ苦い思い出【プロ野球OBが語る春のセンバツ】

公開日: 更新日:

秦真司氏(元ヤクルトなど)/鳴門(徳島)=1980年

 前年秋、四国大会で優勝。明治神宮大会は優勝した東海大三(長野)に2-3で競り負けて準優勝。島田茂(元ロッテ)と秦真司の大型バッテリーは評判が高く、チーム打率は出場校中、最も高い.372。「うず潮打線」といわれ、センバツは優勝候補にも挙げられた。

「それがいけなかったんでしょうね」と秦氏がこう振り返る。

「前年秋の公式戦が終わってから1回戦の滝川戦(兵庫)まで、1試合も実戦を行わずに臨みました。今は3月上旬まで対外試合禁止のルールがありますが、当時もあったのかは定かではありません。あったとしても、普通は解禁になってから数試合はやってから甲子園に乗り込むでしょう。

 あの時の鳴門は部員18人。ギリギリの人数だったため、紅白戦もできなかった。あるいは監督がケガ人を出さないため、あえて試合をやらなかったのか。相手が滝川に決まった時、秋の近畿大会8強校ということで、これは勝てるぞ、という雰囲気になった。優勝候補といわれ、油断が生じたのかもしれません。

 ビデオを見るわけでも相手を研究するわけでもなく、何も情報がない状態で、まさに出たとこ勝負。まさかあんなにいい投手(石本貴昭=元近鉄など)がいるとは夢にも思わず0-1。わずか4安打の完封負けでした。何カ月も実戦から遠ざかっているんだから、140キロ台の直球なんて打てるはずがありません。実戦は大事だし、せめて相手の映像くらいは見たかった。イメージができますから。センバツは苦い思い出です。悔しくて悔しくて『絶対に夏に帰ってくる』と誓って甲子園を後にしました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に